商い支援ホーム  >  業種から探す   >  フラワーショップ様

フラワーショップ様

商い支援で取り扱う包装用品・店舗用品の中から、フラワーショップ様向けの商品をセレクトいたしました。
あなたのお店にぴったりのアイテムを見つけてください。

シチュエーションで商品を探す

【 クリックすると各商品を表示します 】

お花を包む(包装紙)お花を包む(包装紙)

フラワーラップ

業界最多のカラーバリエーション。

不織布 商品一覧はこちら >>

お花を包む(リボン)お花を包む(リボン)

ニューFサテンリボン

生花のラッピングに適したハードタイプのリボン。適度な張り感があるので、
簡単に美しく仕上がります。

商品一覧はこちら >>

シングルサテンリボン

リボンの王道サテンリボン。片面光沢にすることでお手軽価格を実現しました。

商品一覧はこちら >>

その他リボンはこちら

お花を包む(箱)お花を包む(箱)

  • クリスタルボックス
    アレンジ・リースのケースとして活躍する透明ボックスです。
    商品一覧はこちら >>

その他箱はこちら

お花を持ち帰るお花を持ち帰る

25チャームバッグ

サイズ展開が豊富で、様々な花束やアレンジに対応できます。

34-1

(幅)340×(マチ)220×(高さ)320mm

26-18

(幅)260×(マチ)180×(高さ)285mm

21-12

(幅)210×(マチ)120×(高さ)250mm

その他25チャームバッグはこちら

底ボール一覧はこちら

その他紙袋一覧はこちら

その他ポリ袋一覧はこちら

アレンジメントグッズアレンジメントグッズ

その他資材はこちら

フラワーショップコラム

【 クリックするとコラムをお読みいただけます 】

フラワーショップに欠かせないアイテムフラワーショップに欠かせないアイテム

フラワーショップに欠かせないアイテム

お花をより美しく見せるためには、それらを包む包装用品にこだわることが大切です。くわえて、商品POPなどの店舗用品を使って店内を飾りつけることで、より華やかな店内にすることができます。

ここでは、フラワーショップ様におすすめの包装用品・店舗用品をご紹介します。

お花の包装に

お花を包装する際は、お花の切り口を濡れたペーパーなどで包み、葉や茎の部分に柔らかいフラワーラップを巻きつけたあと、その上から透明のセロハンやポリ袋を巻きつけます。また、フラワーラップを使わず透明のセロハンやポリ袋のみを巻きつけ、茎の部分に大きめのリボンを結ぶという方法もあります。セロハンやポリ袋のみを使うことでお花そのものの美しさ・可憐さをより強調でき、リボンにより特別感をプラスすることができます。

商い支援で扱う「HEIKO フラワーラップ 1 白 幅65cm×20m巻」は、適度なハリと厚みが特徴の不織布シートです。使い勝手のよい白色は、色の濃いお花を包装する際に重宝すること間違いなし。メインのお花を邪魔しないので、包装としてだけでなくディスプレイクロスとして活用するのもおすすめです。水色やピンク、クリーム色など色のバリエーションが豊富なので、お客様のご要望にあわせられるよう色別に揃えておくとよいといえます。

フラワーラップを巻いたら、「HEIKO ポリ袋 Nフラワーパック ウェーブタイプ 厚み:0.028mm No.7 100枚」などを使ってお花を保護しましょう。こちらはOPP素材のポリ袋で、あらかじめお花用としてデザインされているため、包装時間の短縮が狙えます。また、「HEIKO 巻セロハン 600mm×30m 1本」は必要な長さにカットできるセロハンなので、どんなお花の包装にも対応が可能です。こちらはパルプを主原料としているので、燃やすゴミに捨てても有害ガスが発生する心配がありません。

お花の持ち帰りに

お客様のなかには、購入したお花をそのまま持ち歩くことに抵抗を感じる方もいます。こういったお客様の場合、お花を紙袋に入れてあげると喜ばれますが、これにより紙袋のなかでお花が傷んでしまうおそれがあります。たとえば、長さのある紙袋に入れた場合、袋のなかでお花が横に倒れてしまう可能性が、反対に長さのない紙袋に入れた場合は、袋から飛び出たお花が持ち手部分に引っかかり、花びらが千切れてしまう可能性があるのです。

この問題を解決するには、お花にアレンジを施すのがおすすめ。たとえば、「オアシス フローラルフォーム マックスライフ スタンダード K-0020 48個」などの生花用吸水スポンジを使ってみるのがよいといえます。お花の茎をスポンジに差して使用するもので、お花が横倒れになるのを防ぐことができます。鉢のままお花を包装するなら、「HEIKO ポリ袋 アレンジハンド M 25枚」が役立ちます。強度の高いHDPEを素材としたポリ袋で、厚手の底ボールがついているので、鉢を安定して置くことが可能です。

花束のまま購入したいというお客様には、「HEIKO ポリ袋 フラワーハンド 花束用(ハンガータイプ) M 50枚」を使って包装するのがおすすめです。こちらは幅310mm×高さ900mm×マチ70mm(広げたら140mm)のポリ袋で、花束をきれいに包むことができます。このほかにもSSサイズ・Sサイズ・Lサイズを揃えているので、花束のサイズにあったものを選べば、袋のなかでお花が横倒れになる心配がありません。

お店の飾りつけに

お店を飾りつけることで、思わず入ってしまいたくなるような店内にすることが可能です。

お客様を効果的に呼び込むためには、看板のほかにボードなどをお店の外に出しておくのがよいといえます。ボードにお店のキャンペーンや、イチオシ商品などを記載しておけば、外を歩く人にしっかり宣伝することができるのです。たとえば、「レイメイ藤井 アンティークA型ブラックボード LNB600」なら、ボード面が2つあるので、2方向からアピールすることが可能です。マーカーやチョークを使い、お客様の心にささるようなPOPに仕上げましょう。このほかにも、ハートやカップ、アニマルの形をした吊り下げタイプのボードもあります。

お花の包装・アレンジやお店の装飾が簡素すぎると、お花の美しさを損なわせてしまうことがあります。カラー・デザインにこだわった包装用品・店舗用品で飾りつけをし、道行く人々を釘づけにするようなフラワーショップをつくりましょう。

商い支援では、お花の包装やお店の飾りつけにぴったりの包装用品・店舗用品をバリエーション豊富に取り揃えています。上記で紹介したもの以外にも多くの用品を扱っていますので、フラワーショップ様はぜひ一度ご覧になってください。