ダイレクト検索

キーワードまたは商品コードを入力


紙袋|包装用品・店舗用品の総合通販サイト【商い支援】

紙袋紙袋

手提げ袋・平袋・角底袋など、
豊富な種類の紙袋を取り揃えています。

ワイン用やブライダル・アパレル大袋、
製菓などの用途別、サイズ・色柄から
ご要望にあった紙袋をお選びいただけます。
自社工場を所有し、オリジナルブランド
「HEIKO」を展開する当社グループ
ならではのラインナップです。

  • 手提げ袋
  • 平袋
  • 角底袋
品質・価格にこだわったスタンダードサイズ 無地紙袋一覧

手提げ袋

マチのある手提げ紙袋を、サイズ、用途、色、柄、イベント、素材・ラミネートなどの加工方法などでお選びいただけます。
レイニーポリや底ボールなどの紙袋副資材、持ち手の形状や色などこだわりのポイントでもお探しいただけます。

サイズ検索ARROW

定番サイズから探す

用途別サイズから探す

ワイン用やアパレル大型機、ブライダル、製菓用、特殊サイズ紙袋の用途からお選びいただけます。

紙袋副資材

雨の日に紙袋が濡れないようにするレイニーポリや安定感が増す底ボールをご用意しました。

色・柄で検索ARROW

無地から探す

無地の色の中からお選びいただけます。

柄から探す

無地の色の中からお選びいただけます。

イベントから探す

イベントからお選びいただけます。

平袋

マチのない袋をサイズ・色柄、ネクタイ袋や窓付き・グラシンの素材加工別、純白袋、ストレートタイプ、Rタイプの仕様からお選びいただけます。

サイズ検索ARROW

サイズから選ぶ

豊富なサイズバリエーションからお選びください。

色・柄で検索ARROW

無地から探す

無地の色の中からお選びいただけます。

柄から探す

無地の色の中からお選びいただけます。

角底袋

底が広い角底袋を、サイズ・色・柄、PPラミネートや窓付き、内側ラミネートなどの素材・加工方法、イベントからお選びいただけます。

紙袋コラム

サイズ・素材・デザイン違いなど豊富な種類がそろう紙袋。
商い支援なら、用途に合わせた紙袋がきっと見つかります。

紙袋をおしゃれに選ぼう

紙袋は、アパレルグッズやワインボトル、スイーツなど幅広い商品を梱包するのに適した素材です。紙袋の材質やサイズ、形状にこだわることは、商品を保護することや魅力を引き立てることに欠かせない要素です。

ヘイコーの紙袋、なかでも手提げ袋にはアパレル大袋、ワイン用、製菓用などさまざまな種類のものがあります。色やサイズで選ぶのはもちろんのこと、材質からご希望のものを選んでいただくことも可能です。オードソックスなクラフト製のものからポリプロピレン、不繊布のものまで幅広い材質の紙袋が揃っております。小物商品用、ギフトラッピング用、アパレルグッズ用など、商品のジャンルに合わせて最適な紙袋をお選びください。

たとえば、アパレルグッズなどを取り扱っている方におすすめなのが「HEIKO 紙袋 PBファッションバッグ LL クラフト 10枚」です。この商品は高さ420mm、巾600mm、マチ100mmのファッションバッグとなっており、コートなどの厚みのある衣料品を梱包するのに適した紙袋です。また、手紐が長めに付けられているため肩からゆったりとかけやすく持ち運びしやすい仕様にもなっています。

「HEIKO 紙袋 H25チャームバッグ E(平手)白 無地 50枚」は、高さ260mm、巾260mm、マチ160mmのコンパクトな紙袋。手紐が平紐になっているので手にしっくりと馴染み、持ち運びしやすい紙袋となっています。ケーキなどのスイーツをラッピングするのに適しており、ケーキショップをご経営のお客様におすすめです。

レイニーポリや底ボールなど保護資材もバッチリ

ヘイコーでは、手提げ紙袋を雨に濡れないよう保護するシートであるレイニーポリも取り揃えています。たとえば、「HEIKO ポリ袋 Nレイニーポリ 40ー65(カスタム用)50枚」は、高さ650mm、巾400mm、底マチ150mmのレイニーポリカバーです。もちろん、このサイズ以外にもさまざまな紙袋のサイズに合わせたレイニーポリを揃えております。「雨の日でも紙袋を使用できるように紙袋の保護資材が欲しい」と考えている店舗経営者様は、ヘイコーの紙袋と合わせてレイニーポリも揃えてみてはいかがでしょうか。

また、ショップによっては陶器類やワインボトルなど、ある程度の重さがある商品を扱うところもあります。そういったショップを経営している方には、ヘイコーの“底ボール紙”を揃えることをおすすめします。底ボール紙とは、袋の底に安定感を持たせるために使用する厚紙のことを指します。このボール紙を使うことで紙袋の底が強化され、安定して商品を梱包できるのはもちろんのこと、商品の重みで底が抜けるというトラブルも防ぐことができます。

たとえば、「底ボール 25チャームバッグ 25CB 2才・3才用 50枚」は、縦105mm、横310mmの底ボール紙です。この底ボール紙は同じくヘイコーで取り揃えている「25CB 2才シリーズ」や「25CB 3才シリーズ」の紙袋のサイズに対応した底ボールであり、50枚から仕入れることができます。ほかにも縦210mm、横330mmの「底ボール 25チャームバッグ 25CB 34-1用 50枚」などサイズのバリエーションもありますので、紙袋のサイズに合わせたものをお選びいただけます。

数量は大きさによって前後しますが、外袋・小箱・ケースとまとめ買いもできますので、お店の在庫スペースに合わせて購入できます。

サイズからぴったりな紙袋をセレクト

紙袋を選ぶ際に重要な要素のひとつとなるのが”サイズ”です。ヘイコーの紙袋にはスタンダードなサイズのものとマチの広いタイプのものがあり、梱包する商品のジャンルに合わせてお選びいただけます。

スタンダードなタイプの紙袋には正面幅90mmのものから50mmのものまでが揃っています。前者は雑貨やアクセサリーなど、小物系ギフト商品を梱包するのに最適なサイズです。後者は衣料品などをかさばらず楽に梱包することができ、アパレルショップなどで活躍します。材質もクラフトエンボス製のものをはじめ、爽やかな透け感のあるスケルトンカラーのもの、ポリプロピレン加工がされた高級感のあるものなどが揃っており、幅広いジャンルのショップでお使いいただけます。

マチの広いタイプの正面幅は160mmのものから410mmのものまでがあります。前者はこぢんまりとしたシンプルな紙袋ですが、ちょっとしたボトルホルダーを梱包するのには十分な大きさです。後者は、厚手のコートや毛布などのお持ち帰り用に便利な大きさとなっています。また、ヘイコーのマチ広タイプの紙袋のなかには福袋用のものも取り揃えております。「HEIKO 紙袋 福袋 25チャームバッグ 25CB 45ー1 福袋 50枚」は、高さ455mm、巾450mm、マチ220mmのオードソックスな福袋となっており、ショップの初売り・福袋イベントで大活躍します。

色やサイズにもこだわって

紙袋を選ぶ際は、色や柄といったデザインにこだわることも大切です。ヘイコーでは、無地のものだけでも白・クラフト・金・銀・イエロー・赤・青など全部で15色のものが揃っております。なかでも、白やクラフトといった定番カラーからは業種を選びません。たとえば、「HEIKO 紙袋 H25チャームバッグ 20-1(平手)」は高さ240mm、巾200mm、マチ90mmのサイズであり、オードソックスで汎用性の高い紙袋です。また、金・銀はギフト商品を梱包するのにぴったりな高級感があります。

紙袋の色や柄を選ぶ際は、ショップのカラーや客層を考慮して選出するのがおすすめです。ショップに足を運んでくれる客層を考えることはもちろん、クリスマスやバレンタインデーなど季節のイベントに合わせて選んでみるのも良いでしょう。たとえば、「HEIKO 紙袋 スムースバッグ 22-12 ルドルフ 25枚」は、サンタクロースと赤鼻のトナカイのデザインが施されたポップな紙袋です。「クリスマスシーズンに向けて、専用の梱包材を揃えたい」と考えている方は、ぜひこちらの商品をお求めください。

材質

材質や加工方法から紙袋を選ぶのもよいでしょう。PPラミネート加工が施されている紙袋にはツヤがあり、高級感を強調するのにぴったりです。「HEIKO 紙袋 ブライトバッグ Y2 シコン 10枚」は、シックな紺色が特徴的なブライトバッグです。深みのあるカラーリングと、PPラミネート加工ならではの光沢感があわさり、ギフト用雑貨を梱包するのに最適なものに仕上がっています。紺色のほか白や黒、エンジやグリーンなどの色も揃えており、カラーバリエーションも豊富です。

マットPPラミネート加工の紙袋は色がハッキリしているのが特徴で、ギフト用として好評です。アイボリーやチョコレートブラウン、ラズベリーピンクやオレンジといったカラーが揃っており、商品のジャンルにあったものをお選びいただけます。サイズについても、小物類を梱包するのに便利なサイズから、やや大型の商品を梱包するのに最適なサイズのものまでが用意されております。

透明(ポリプロピレン)は商品が見えやすく、繊細さが際立つタイプとなっています。ハッピータックやパールフィルム加工はマチがワイドになっている商品が多く、ハッピータックの中には雨の日でも安心な発砲ポリエチレン製のタイプがあるためビニール加工された紙袋も安心です。不織布加工されている手提げ袋でも多少の雨なら大丈夫です。

また、紐の色や持ち手から選ぶこともできます。重量な商品を取り扱うことが多いお店には底ボールの加工がされているタイプがおすすめです。インサイド加工は新作お披露目会などのイベントのノベルティバッグや百貨店やブランドイメージを大切にするお店のスタッフが休憩時に使用する鞄としてもおすすめです。トライ加工は鉢ものなどを持ち帰る時に安定を保てるタイプとなっています。塗工加工された紙袋はマット感や紐も紙と同系色でまとめられていて統一感があります。

手提げ袋・平袋・角底袋~お店のコンセプトに合わせて~

紙袋は、お店の顔としての役割を担うこともある大切なもの。だからこそ、お店へ来店されるお客様の印象に残るものを選ぶ必要があります。
そこで以下では、さまざまな面からお店に合った紙袋を探せるよう、紙袋の選び方をご紹介します。 商品に適したものを選ぶのはもちろん、おしゃれなものやお店の雰囲気に合ったものを選ぶことで他店と差を付けることができますので、ぜひ参考にしてみてください。

タイプから選ぶ

ヘイコーの紙袋には、大きく分けて手提げ袋・平袋・角底袋と3つの種類があります。そのため、選び方の一つとしてタイプから選ぶ方法があります。

手提げ袋

紙袋のなかでもお店でよく使われているのが、手提げ袋です。手提げ袋は持って歩くため、外からの見栄えも大切。人によっては、この手提げ袋を商品購入後に自身の荷物を入れるバッグとしても活用することもあります。

そんな手提げ袋には、“スタンダード”と“マチ広”の2つのサイズがあります。 スタンダードの手提げ袋には、正面幅9センチメートルと雑貨・アクセサリー等の小物系ギフトにも便利なサイズや、衣料品に最適な正面幅60センチメートルなどの大きさがあります。
こうしたサイズの手提げ袋は小さな商品に適しているため、ジュエリーショップや雑貨店などのショップバッグに適しています。
マチ広の手提げ袋には、正面幅16センチメートルから73センチメートルまでのものがあります。コートや毛布などのお持ち帰り用にも使える便利な大きさとなっていますので、アパレルショップのほかホームセンターでもご使用いただけます。

手提げ袋には、特殊サイズやワイン用など上記に当てはまらないタイプのものもあります。
たとえば特殊サイズの手提げ袋は、袋の大きさに対してマチが狭めに設計されています。このタイプの手提げ袋は袋が広がらないため、なかに入れたものが傾かず安定して持ち運ぶことができます。そのため、額縁など厚みのないものを入れる際に適しています。
またワイン用の手提げ袋は、ボトルが難なく入るよう細長い形状になっています。これには2本まとめて入れられるサイズや背の高いボトルに合うサイズなど複数のタイプがあります。
このように業種別にカテゴリー分けされているので、初めてお店用の手提げ袋を購入される方でも、そのお店に合う手提げ袋を簡単に見つけることができます。

平袋

マチがない点が特徴の平袋は、書店など厚みのない商品を包装するお店でよく使われています。

そんな平袋には、ネクタイ用の平袋、窓付きタイプの平袋、グラシンタイプの平袋があります。
平袋のなかでもネクタイ用の平袋は正面幅55センチメートル程度のもので、その名からも分かるように細長い形状をしている点が特徴です。スーツ類を扱っているお店など、ネクタイを置いているお店におすすめのタイプです。
ネクタイ用の平袋のほかにも、商い支援では正面幅が80センチメートル、90センチメートルといった大きめのサイズを取り揃えています。これらのサイズは幅が広いため、通常サイズの書籍はもちろん、図鑑や絵本など大きめの書籍の包装にもお使いいただけます。
窓付きタイプの平袋は、平袋の一部が透明フィルム仕様になっているため、中身が確認できるようになっています。クッキーやマフィンなどは見せたほうが可愛く包装できるので、こうした平袋を活用してみてください。
グラシンタイプの平袋は、ほかのタイプの平袋に比べて薄い点が特徴です。商い支援では0.1mm~0.3mmまで複数タイプのものを用意しておりますので、好みに合わせてグラシンタイプの平袋をお選びいただけます。
こちらも窓付きタイプの平袋と同様、スイーツなどの包装におすすめです。「紙袋 グラシン平袋 SJ NO.3 100枚」などのように100枚単位で購入することができます。

角底袋

角底袋はマチが真四角になっている点が特徴の袋で、主にスイーツをギフト用に包装する際などに使われています。

そんな角底袋には、宅配用の角底袋、ケーキ用の角底袋、お米用の角底袋など数多くの種類があります。
宅配用の角底袋は、袋のベロ部分にテープがついているタイプの袋です。マチが80センチメートルのものから110センチメートルのものまで扱っていますので、商品のサイズに合わせて購入することができます。
ネットショップを運営している場合、こうした角底袋があると便利です。
ケーキ用の角底袋は、平均してマチが広めに作られています。マチが狭いものでも90センチメートルありますので、ホールケーキなどが難なく入れられます。
ホールケーキを含むスイーツを扱っているお店は、ぜひこのケーキ用角底袋を使ってみてください。
お米用の角底袋は、3キログラム、5キログラム、10キログラムとお米の量に応じて複数タイプあります。なかには「米袋 5Kg 舟底 窓付 100枚」のように一部透明フィルム仕様になったお米用の角底袋もありますので、お好みに合わせてお選びいただけます。
このほか、角底袋にはフランスパン専用のものもあります。タイプは無地と柄入りのものが2種類ずつあり、全て横マチの幅は65mmです。この角底袋は50枚単位で販売しています。フランスパンを製造しているというパン屋向けです。

素材・加工から選ぶ

素材や加工から選ぶ方法でも、お店のコンセプトに合ったものを選ぶことが可能です。

PPラミネート加工は、ツヤがありブライトバッグやギフト用におすすめです。マットPPラミネート加工は色がハッキリしているのが特徴で、小型のギフト用として好評をいただいています。透明(ポリプロピレン)は商品が見えやすく、繊細さが際立つタイプとなっています。ハッピータックやパールフィルム加工はマチがワイドになっている商品が多く、ハッピータックの中には雨の日でも安心な発泡ポリエチレン製のタイプがありビニール加工された紙袋も安心です。不織布加工されている手提げ袋でも多少の雨なら大丈夫です。

柄・色から選ぶ

柄・色も、お店にぴったりの紙袋を探す際にポイントとなる点です。扱っている商品やお店のシンボルカラー、内装から、連想されるものを選んでみましょう。そうすれば、最適な商品が見つかるはずです。

無地は白・クラフト・金・銀・イエロー・青など全部で16色、柄別でみると10種類あります。無地から見ていきますと、白やクラフトといった定番カラーは業種を選びません。
また、金・銀はお祝い事や高級感が漂うカラーとなっています。茶色はクラフトと違い落ち着いた風合いとグレードの高さを感じさせますし、イエロー・クリームは包み込むような優しさが感じられるカラーとなっています。ほかにもグレー・紺色は大人の男性らしさが、ピンク・水色からは奥ゆかしい女性らしさが漂います。

紙袋の色を選ぶ時はお店のカラー、客層を捉えて選出するのがおすすめです。柄から探す場合は、店に足を運んでくれる客層を考えていることはもちろん、クリスマスやバレンタインデーなどのイベントに合わせて選んでみてもよいでしょう。また、柄入りの場合はギフト用にも最適ですし、雑貨屋などの小物を扱うお店のショップバッグにも適しています。スタンダード・動物柄は若年層向けなので、若者用の商品を多く扱っているお店におすすめです。ドット・花柄は可愛らしさもありつつ落ち着いた雰囲気もありますので、中高年層向けの商品を扱っているお店でも活用できます。和風柄は、落ち着いた雰囲気がありますのでお寿司屋・和菓子屋などにおすすめです。

紐の色・持ち手のタイプから選ぶ

紙袋を選ぶときは、紐の色や持ち手の仕様から選んでみるのもおすすめです。

たとえば、重量のある商品を取り扱うことが多いお店には、底ボールの加工がされているタイプがおすすめです。インサイド加工は、新作お披露目会などのイベントのノベルティバッグに適しています。また、百貨店やブランドイメージを大切にするお店のスタッフが休憩時に使用する鞄としても活用できます。トライ加工は、鉢ものなどを持ち帰る時に安定を保てるタイプとなっています。塗工加工された紙袋は、マット感や紐も紙と同系色でまとめられていて統一感があります。

併せて購入しておくと便利 紙袋副資材

紙袋を購入する際、併せて副資材も購入しておけば何かと便利です。

手提げ紙袋を保護するカバー“レイニーポリ”は、雨に濡れないようにするのはもちろん、ホコリが付かないようにすることもできるのでおすすめです。不安定な形の商品を入れたり、重いものを入れたりするときには、底に安定感を持たせる長方形のボール紙を併せて使うことをおすすめしています。数量は大きさによって前後しますが、外袋・小箱・ケースとまとめ買いもできますので、お店の在庫スペースに合わせて購入できます。